当ブログのおすすめ記事はこちら!
  • 【学生でもできる】エンジニアとして海外ノマドワークをする方法と実際に感じたこと

フィリピンのエンジニア留学は人生変わるかもだけどコスパは悪い件【英語+IT】

SHARE

フィリピンのエンジニア留学は人生変わるかもだけどコスパは悪い件【英語+IT】



こんにちはTakumi(@ynwa_ynwa_0826)です。
最近エンジニア留学って結構流行ってますよね。facebookの広告とかで結構見かけるようになりました。
2年前の6月に自分はフィリピンのセブ島でエンジニア留学をしていました。(Nexeedっていう学校に行っていました!)
結果的にこの留学をして、すごくよかったなとは今思いますが割とデメリットもあるような気もします。

今回は今エンジニア留学を考えている人向けにメリットやデメリットを書いていきます。

目次

  1. メリット:今キャリアに悩んでる人には大きな転機になるかも
  2. デメリット:コスパは結構悪いです。
  3. 結論:悩んでいるなら行くのはあり

メリット:今キャリアに悩んでる人には大きな転機になるかも

 

school_soudan_woman_boy

 

多くのフィリピンにあるエンジニアの学校では全く未経験で勉強したこともないひとでも受け入れてくれます。
転職を考えている人や学生の方で
「就職のために英語を勉強しにセブ島に留学しにいくぞう!けど英語の勉強だけで良い所に就職できるのだろうか、、、」
って思ってる方にとても向いていると思います。

そこでエンジニアの勉強も英語の勉強に合わせてやってみるっていうのはかなり有りだと思います。たとえもしエンジニアにならなかったとしても、ITに関連する仕事に携わりやすくなるからです。
自分のセブのプログラミングスクールの同期はプログラミングを勉強しましたが、今はコードを書いているわけではないそうです。プログラミングスクールを経営し、講師に教えさせています。

現代ではどんな仕事でもITが少なからず関係してきています。ので、いろんな分野への汎用性があるということです。英語だけ喋れるひとならそこら中にいくらでもいますが、日本語ネイティブで英語も喋れてコードも書けるようになったら希少性がグッとあがります。
自分のキャリアを良くするチャンスですね。

デメリット:コスパは結構悪いです。

 

money_tokeru_yen

正直に言うとコスパは結構悪いと思っています。
なぜなら日本のプログラミングスクールに通ったり、自分でProgateとか動画サービスをつかって勉強すれば割とすぐに終わってしまうようなことを数十万円かけて行うためです。

最初の月はHTMLやCSSとPHPの基礎の部分を触るのみで1ヶ月経ってしまいます。それで月に30〜40万円が飛んでしまうんです。(英語も合わせてですが。)

なので、お金の面で考えると、セブでは英語留学に集中して英語を伸ばしてから、日本で本格的にプログラミングを勉強した方が良いです。

みんなで合宿みたいに勉強ができる環境が良いんじゃんって言う意見もあるかもしれないですけど、セブ島だとWi-fiが弱いし、日本でそういう初心者向けオンラインサロンとかもくもく会とかに参加していったほうがいいかもしれないですよ。

そういう選択肢をとることが出来る人はエンジニア留学をする必要がないかもしれません。

結論:悩んでいるなら行くのはあり

 

 

今となって気づいたデメリットですが、結局のところメリットがかなり大きかったので全く後悔はしていません。
当時の自分は文系から就職するってなったら営業しかないやんけもう無理、、ってなってたんで大きな転機となりました。
現在はグローバルな環境で英語を使いながらエンジニアをしています。

少しでも、いいな、、、って思ったなお金とか考えずに行ってしまうと人生かわるかもです!
基本的に3ヶ月くらいの中期プランが推されていますが、別に1ヶ月とかでも問題はないと思います。自分は1ヶ月でした。
その場合は卒業後に自分で自己学習していかないといけないですが1ヶ月でも転機にはなるのでいい効果はあります。

悩んでいるとすれば悩んでいる時間のほうが勿体無いので、行ってしまいましょう。
以上です。



スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です