当ブログのおすすめ記事はこちら!
  • 【学生でもできる】エンジニアとして海外ノマドワークをする方法と実際に感じたこと

エンジニアをしながらCSの学位取得のために帝京大学理工学部の通信課程に入った話

SHARE

エンジニアをしながらCSの学位取得のために帝京大学理工学部の通信課程に入った話



こんにちはTakumi(@ynwa_ynwa_0826)です。
現在エンジニアとしてweb系自社開発企業で働いているのですが、4月から帝京大学の理工学部情報科学科の通信課程に入学しました。科目履修生という形で、本格的な感じではないのですが、来年か再来年には本科生になる予定です。
いま日本で通信の大学でCSの学位がとれるのは帝京大学の理工学部だけ、と言われてます。(聞いた話なので、確実かどうかは不明)
CSの学位をとろうかな〜って思っているかたにどんな感じなのか知ってもらえたら嬉しいです

  1. 動機:くやしさとか海外移住とか
  2. 授業:メディア授業とテキスト授業
  3. 感想:コスパいいかも

動機:くやしさとか海外移住とか

 

 

僕は文系で4年間大学で過ごし、4年の時にプログラミングを本格的にはじめました。なので、理系でゴリゴリにやっていたかたと比べると基礎力とかもろもろで劣っているなあと感じるのです。
Rubyがわからなくて短期インターンで会った高専の年下の学生にいろいろ教えてもらったのがかなり屈辱的でした。
それで、ちょっと遅くなったけどここから挽回していきたい!!!と思うようになり、CSの学位を取得してこのコンプレックスを解消することにしました。
実際コンピュータ・サイエンスの勉強をしていくとそういう感情がすこしづつ薄まっていくのを感じているので、文系でエンジニアになったかたで周りよりも劣っているなと思う方にはおすすめですね。

また海外移住をする場合は4年制の大学を卒業+CSの学位がビザ取得に必要な場合が多いです。エンジニアとして働くために移住する場合は。
アメリカに住む場合はこれがないとエンジニアとしての勤務期間が5年くらいないとビザがおりないと言われましたorz

なので、エンジニアとして海外移住を考えている人でCS以外の学位を持っている人にもおすすめだなと思っています。

というわけで将来のためにいまのうちにCSの学位をとろうと思った次第です。

授業:メディア授業とテキスト授業

 

授業はメディア授業とテキスト授業が中心です。ものによっては夏頃にキャンパスに行く必要があるそうです。

シラバスはここから見ることができます。

参考

帝京大学理工学部通信課程シラバス帝京大学

メディア授業は映像の授業をうけて毎週の課題を解いていく、といった形。
テキスト授業は教科書にある問題を解いてレポートとして提出するといった形ですね。学期末などにテストがあるので、その際にもキャンパスに行く必要があります。

が、全て土日に設定されているので社会人でも心配する必要がありません。

テキスト授業は「これ自分でやったほうがよくね??」って最初は思いましたが、自分の場合は自分で解いていくよりも外部からの強制力があってかつ添削もしてくれるほうが理解につながるな、と思うようになりました。

今はネットワークの授業やweb技術基礎といった授業をうけてますが、基礎情報技術試験よりもさらに踏み込んだ内容といった感じです。ここからアルゴリズムなどの授業も取る予定なので、楽しみです。

感想:コスパいいかも

 

1年通って約20万円です。
4年で80万円。私立文系の1年間の学費くらいですね。これでCSの学位をとれるので結構コスパがいいと感じてます。

また科目等履修生のひとはもっと安くすみます。僕の場合は12単位取得で10万円弱。もっと授業をとればさらに増えますが、社会人学生としてなれるのに最初はこれくらいがいいかなあと思いました。
ただ、これから先の時代において必ずしも学位が必要かと考えたらそうでもないと思うので、かならず卒業する必要はないかも?と思ってます。一旦辞めても再入学可能なので笑

以上です。まだ始まったばかりなので、わからないことも多くありますが定期的に大学に関する記事も上げていきたいと思ってます。



スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です