当ブログのおすすめ記事はこちら!

プロフィール



自己紹介

 

Takumi Seki

 

はじめまして、takumi sekiです。大学生のときにプログラミング英語に出会い、

未経験・文系・うつの状態からエンジニアになりました。

今日はじぶんのこれまでの経歴を書いていきます。

 

関西時代

 

こんな感じの性格です。

幼少期から高校時代までは奈良に住んでいました。

小学校6年の頃に何を思ったのか中学受験をしたいと親に告げ、大阪の中高一貫の男子校に入学。

6年間も女子と喋らない環境で、しかも全員カリアゲ強制。とんでもない場所でした。

(こんなに楽しそうな感じではまったくないです…)

 

高3まで全然勉強もしなかったものの、医学部志望の友人にここで努力せんかったら、おまえただのゴミやでと言われたのを機に勉強開始。

突然京大を目指しだすも、それまでの成績では到底むりでがむしゃらに勉強して1浪してもやっぱり無理でした。

浪人時代になぜか数学が大好きになり1日中数学をするようになりました。そのせいで国語の偏差値が10落ちましたω`)

 

 

文系ではありますが、数学のおかげでプログラミングに抵抗がなくなったっていうのはあるかもしれないですね。

で、数学選抜入試で早稲田大学に入学しました。

 

東京時代

 

大学1年

 

大学時代は何したらいいのかよくわからなかったので、とりあえずいろんなことをしてみました。

とりあえずギターが好きだったので、軽音のサークルに入ってみました。

ただ、バンド形式でやると自分の好きな曲とかが全然できないのでおもしろくない、って思って2ヶ月くらいで辞めました。

次に大学の航空部っていうのに入ってパイロットを目指し始めました。突然の方向転換ですw

 

実際に乗っていた飛行機です

 

パイロットってすごい楽しそう!!やりたい!!って思って入ったものの、覚えないといけないこととかむちゃくちゃ多くて超大変で3ヶ月で挫折しました。辞めまくりですね。ここまでが大学1年生。

 

大学2年

 

カンボジアのアンコールトム

大学2年ではひたすらバイトして、長期休みに海外旅行ばっかり行ってました。この年にシンガポールからカンボジアまでひとりで旅をしました。これが自分のなかでとんでもないレベルで楽しくて、もう一生旅行してたいなあ~~とか甘っちょろいことを考えていたわけです。

東南アジア以外にもスペイン、フランス、ロシア、インドなどにこの年にいきました。ドハマリしています。

20191月時点で32カ国に行っています!

大学3

 

そして大学3年のときに頑張って、意識の高そうなゼミに入りました。これが大きなミスで、ゼミと就活のせいで全てに絶望。ゼミでやってることはぜんぜん面白くなくて、やる気も出なかったし、就活では「とりあえず保険会社とかかな~」って見に行ったら意味わからんグルディスさせられてガン萎えしました。

自分にはスキルもなにもないやんけ。。。。生きてる価値ないな。。ってになりました。この年のクリスマス前に全部が壊れた感覚がして、すべての予定をキャンセルし実家に帰りました。

そのとき親に「昔から留学行きたいって行ってたんやし、行ってこれば?」って言ってもらって、とりあえず行かせてもらえることになって救われました。

本当に親には感謝しかないです。その2ヶ月後には出発し、フィリピンのセブ島に行きました。

セブ・マンチェスター留学

 

セブ島で最初の4ヶ月くらい英語の勉強をひたすらしていました。この間にあったいろんな人のおかげで自分の悪いネガティブな考え方を直すことができたと思います。明るくなったと言われました\(^o^)

2ヶ月目くらいのときに、「プログラミングの勉強もしたいなあ~」って思いました。大学の授業でとったJavaの授業が結構面白かったからです。

ということで、セブ島にあるIT留学で有名な「Nexseed」さんに1ヶ月参加させてもらうことにしました。そこでPHPの基礎を勉強。

その後マンチェスターに移動。マンチェスターユナイテッドのファンを10年くらいやっているので、ひたすらスタジアムに行きまくっていました。

 

 

ここではちょっとホームシックになったりして、英語ちょいちょいしか勉強できませんでした。笑

帰国後・BEENOS

帰国後すぐにインターン先を始めて、1社目にBEENOSっていうベンチャー企業に行きました。そこが英語とPHPの技術を伸ばすのに最適や!って思い、即入社しました。そしてそこで8ヶ月ほどPHP・Laravelと英語の勉強・修行をした後に正社員としてジョインすることになりました。

働いている人がいい人ばっかりで、すごく居心地がいいなと思えました。超ホワイトだし。笑

現在はBEENOSでアメリカ、イギリス、オランダにある倉庫のシステム改修と保守、新しい機能の開発また社内のエンジニアチームの7割が日本語をしゃべらない外国人となっており、その一部のひとたちのディレクションもしています。

 

ロサンゼルス

出張でアメリカにも行かせてもらいました。この会社には本当にいろんな経験をさせてもらっています。

また、2018年の11月からエンジニアシェアハウスであるGAOGAO TOKYOに住み始めました。

大学は帰国後は最初行っていたんですけど、大嫌いなゼミと大学の事務と卒業を巡ったいざこざがあり、嫌気が差して辞めました。

卒業していてもよくわからない学位(Human science)しか手に入らなかったので、まあ辞めてもいいかなと。

2019年の4月からComputer scienceの学位をとるために帝京大学理工学部の通信課程で勉強しています。

これから

 

ITの世界で生きていくために勉強を毎日していきます。

また、最大の夢である世界192カ国すべて制覇するという夢も20代までに達成しないといけないと思っています!!

最後まで読んで頂いて有難うございました!

 

 



スポンサードリンク